Shopifyの制作会社はどう選ぶ?メリット、費用相場からチェック!

ShopifyでのECサイト制作が注目を集めており、人気が高まっています。Shopifyで自社のECサイトを制作しようと考えている企業も多いでしょう。売上を確保しているECサイトの多くは、制作会社によって作られています。そのため、自社にマッチした制作会社を探している企業も多いのではないでしょうか。

この記事では、ShopifyでのECサイト制作に制作会社を利用するメリットやデメリット、費用相場や制作会社を選ぶ際のポイントなどを解説します。ぜひ参考にしてください。

→豊富なEC構築実績を持つShopify PlusパートナーのBiNDecがご相談を承ります。

Shopifyのおさらい

Shopifyは、ECプラットフォームのひとつです。誰でも気軽に、本格的なECサイトを制作し運営できます。Shopifyは海外の企業で、本社はカナダのオタワにあります。世界175カ国で利用されており、非常に知名度や人気が高いECプラットフォームです。

Shopifyの日本法人は2017年に設立されました。これにより、日本でもShopifyが広く知られるようになり、利用者も増加傾向にあります。拡張性やマーケティング展開に優れており低価格でスタートできるため、ECサイト制作が初めての場合でも気軽に利用できます。
Shopify|世界で注目されているECシステム構築プラットフォーム

Shopifyの制作会社の概要

Shopifyの制作会社とは、ShopifyをプラットフォームとしたECサイトの制作から運営までサポートする企業です。制作会社では、ECサイトの設計や開発はもちろんのこと、デザイン作成やコーディングなども請け負っています。

制作会社やプランにもよりますが、ECサイトの制作だけでなく、商品登録や運営まで任せられるケースもあるなど、ECサイト制作や運営が初めてでも安心です。また、コンサルタント的な役割まで行っている制作会社もあり、ECサイトを運営するうえで重要なコンテンツ制作から集客まで請け負ってもらえます。

→豊富なEC構築実績を持つShopify PlusパートナーのBiNDecがご相談を承ります。

Shopifyの制作会社に頼むべき理由

Shopifyの制作会社を利用することで、ECサイトの運営に大きなメリットがあります。ここでは、5つのメリットを紹介します。

デザイン性の高いサイトが制作できる

制作会社に依頼すれば、デザイン性が高く魅力的なECサイトの制作が可能です。企業のイメージカラーやコンセプトなどを考慮した独自性のあるECサイトを制作できます。

また、カスタマイズも任せられるため、自社で制作するよりも質が高くイメージどおりのECサイトを制作できる可能性が高いでしょう。ECサイトのデザインや売上は運用に大きく影響するため、制作会社に依頼したほうがコストパフォーマンス面で勝るケースが多くあります。

BiNDecにて、Shopifyで構築されたjohn masters organicsのECサイトでは、シーズンごとのアイテムのテーマに合わせやすいようにシンプルかつフェミニンなデザインに仕上がっています。
john masters organics|NY発のラグジュアリーなオーガニックコスメブランドのECサイト

企画から運営まで一貫したサポートがある

制作会社が請け負うのはECサイトの制作だけではありません。プランや契約内容にもよりますが、ECサイトの企画から運用、保守運用やマーケティング支援などのサポートも受けられます。ECサイト運用時に課題となることの多い集客や広告運用、競合リサーチといったマーケティング支援が受けられるため、初めてECサイトを制作する場合でも安心です。

サイト分析もプロによって行ってもらえるため、効果的なテストや改善なども繰り返しやすく、業務効率化や収益の拡大、収益アップなどが期待できます。また、資金調達や販売戦略などに初期の段階からフルサポートしてくれる制作会社もあります。

BiNDecにて、ECサイトの運用支援を行っているグリーンパンでは、Instagramを主力としたSNSマーケティングの効果によって売上を拡大させています。
グリーンパン|有害物質の発生しない、環境に優しいフライパンを製造・販売するキッチンウェアのブランド

→豊富なEC構築実績を持つShopify PlusパートナーのBiNDecがご相談を承ります。

制作会社のノウハウを利用できる

ECサイト制作は初めてという企業が多いでしょう。自社でECサイト制作を行うことも可能ですが、ECサイト制作や運用についてのスキル・ノウハウを持つ社員の存在は稀です。

制作会社を利用することで、専門家のスキルやノウハウを活用できるため、自社でのECサイト制作よりも短い時間で完成度の高いECサイトが制作できます。また、運用サポートなどを受けることにより、運用やマーケティングのノウハウなども得られます。

従業員をコア業務に専念させられる

ECサイトの制作や運用を行う専属社員がいる場合を除けば、ECサイトの制作や運用は他部署からの人員を集めて必要なときに業務にあたるという形が多いでしょう。そのため、社員が本来やるべき業務が滞りがちです。制作会社に依頼すれば、社員をコア業務に専念させることができるため、業務効率アップや生産性向上などに役立ちます。

固定費を削減できる

ECサイトの制作やリニューアルは頻繁に行うものではなく、数年に一度程度の大きなイベントとなるでしょう。ECサイト制作やリニューアルのたびに専属の人材を雇用すると、人件費がかかるため固定費が増えてしまいます。

しかし、制作会社にECサイト制作などを依頼すれば、固定費ではなく変動費として会計処理できます。固定費の節約につながるだけでなく、人材募集や採用活動、教育などといった人事コストの削減も可能です。

→豊富なEC構築実績を持つShopify PlusパートナーのBiNDecがご相談を承ります。

Shopifyの制作会社を利用する際のの注意点

Shopifyの制作会社を利用することで多くのメリットがありますが、デメリットもあります。ここでは、ふたつのデメリットを紹介します。

自社のスケジュールと適合しないケースがある

デジタル技術のエンジニア数は限られています。また、ニーズも高いため、制作会社に依頼しても自社のスケジュールに合わせた作業が難しいケースもあるようです。

ShopifyのECサイトも人気があるため、自社に合った制作会社を探して依頼をしたとしても、スケジュールが埋まっていて断られる場合もあります。そのため、制作会社への依頼を検討している場合は、余裕をもったスケジューリングが必要です。場合によっては段階的なリリースを検討しなければなりません。

機密情報の漏洩リスクがある

ECサイト制作を制作会社に依頼する場合には、ネットショップのコンセプトやターゲット層、販売戦略や商品戦略などの重要な情報を伝える必要があります。これらは機密事項として厳重な管理が必要ですが、制作会社のミスで社外に漏洩するリスクがあります。

制作会社に依頼する際には、機密保持契約を締結する、セキュリティ担保などについてしっかりと確認するなどの対策が重要です。

Shopifyは制作会社の費用対効果をチェック

Shopifyは自社で制作すると制作コストを抑えられます。しかし、プログラミング知識のあるエンジニアやECサイト制作経験者、デザイン経験者など専門的な知識やスキルを有している人材が必要です。自社で必要な人材を確保できないケースも多いでしょう。

また、ECサイトは制作して終わりではなく売上に繋げることが大切です。ユーザーを惹きつけられるECサイトにしなければ、集客や売上確保は難しいでしょう。

制作会社を利用するとイニシャルコストがかかりますが、中長期的な視点から見ればイニシャルコストを超える利益を確保できる可能性があります。そのため、ECサイトの制作会社を利用したほうが、長い目で見るとコストパフォーマンスが高くなります。

→豊富なEC構築実績を持つShopify PlusパートナーのBiNDecがご相談を承ります。

Shopify制作会社の料金の目安

Shopify制作会社の料金は、どのようなECサイトを構築するかによって異なります。

基本的なECサイト

Shopifyにはもともと搭載されている基本的な機能があります。基本的な機能のみのECサイトでよい企業やできるだけイニシャルコストを抑えたい企業は、基本的なECサイト制作を依頼するとよいでしょう。料金の目安としては50~100万円です。新たな機能をカスタマイズする必要がないため、制作費を抑えられます。

ブランドECサイト

ECサイトでブランディングを図りたい、マーケティング機能を搭載させたい企業はブランドECサイトの制作を依頼するとよいでしょう。Shopifyでは、アプリを追加することで自由にカスタマイズできるというメリットがあります。ブランドECサイトでは、デザインや必要な機能をカスタマイズし、オリジナルのECサイトを制作できます。

また、制作会社がアプリを開発するケースもあるなど、カスタイマイズ性の高さが魅力といえます。料金の目安は100~300万円です。

フルオリジナルECサイト

大規模なECサイト制作を行いたい、基幹システムや外部システムとの連携を図りたい企業は、フルオリジナルECサイトの制作を依頼するとよいでしょう。Shopifyは拡張性が高く、大規模で機能が充実したサイト制作が可能です。また、独自機能などを搭載することもできます。

料金目安は300~1,000万円ですが、会計システムや基幹システムと連携したい場合は1,000万円を超える場合もあります。

BiNDecにて、Shopifyで構築したミキハウスのECサイトでは、ノーコードCMSとの連携や配送先のマッピングデータをもとにしたマーケティングを行なっています。
ミキハウス|子供服メーカーの株式会社MIKI HOUSEの日本語公式ECサイト

→豊富なEC構築実績を持つShopify PlusパートナーのBiNDecがご相談を承ります。

Shopify制作会社の選定ポイント

Shopify制作会社を選定する際には、4つのポイントを押さえましょう。以下では、各ポイントについて解説します。

Shopifyの制作実績は豊富か

Shopifyの制作実績が豊富にあり、Shopifyについての理解が深い会社に依頼しましょう。また、制作するだけではなく、売れるサイトやデザインなどについてのノウハウがあるかも見極める必要があります。

必要なサポートを受けられるか

ECサイトを構築した後も運用サポートが必要になるケースが多いため、マーケティングのノウハウがある制作会社を選びましょう。自社に必要なサポートを検討し、そのサポートを提供している制作会社を選ぶことが大切です。

Shopify Expertsに認定されているか

Shopify Expertsとは、制作会社の実績やスキルなどを認定する制度です。Shopify Expertsに認定されている制作会社は専門性が高いため、高品質なECサイトを制作したい場合は認定を受けている制作会社を選ぶとよいでしょう。
Shopify Experts|Shopifyから実績を公認されたECサイトの構築やアプリ開発の企業

Shopify Plusパートナーに認定されているか

Shopify Plusパートナーとは、Shopify PlusプランでShopifyが公認している制作会社です。Shopify Plusプランは最上位プランで、通常プランより高性能な機能が使えます。扱うには高い専門性が必要になるため、Shopify Plusパートナーに認定されている企業がおすすめです。BiNDecはShopify Plusパートナーに認定されています。
Shopify Plus|大企業や取引量の多いECサイト向けのShopifyの最上位プラン

Shopify PlusパートナーによるEC構築サービスBiNDec

Shopifyの制作会社とは、ShopifyでのECサイト制作や運用、マーケティング支援などを提供する会社です。Shopifyでは自社でECサイトを制作することも可能ですが、スキルやノウハウが必要になります。Shopifyで魅力的かつ高品質なECサイトを制作したいのなら、制作会社に依頼するとよいでしょう。

株式会社ウェブライフでは、Shopifyを利用したECサイト構築から運用までサポートする「BiNDec」を提供しています。
豊富な導入実績とハイレベルな技術力・知識量を認められたShopify Plusパートナーとして、最適な運用戦略の提案も可能です。
ShopifyでのEC構築や運用に関してお悩みの方は、気軽にお問合せください。
BiNDec(バインド・イーシー)| Shopify PlusパートナーによるEC構築・運用支援
BiNDecのオンライン相談会に申込む