アジア圏から注目される日本のEC市場とは|Shopifyイベントレポート@ベトナム

ベトナムのダナンにて、人気のShopifyアプリを開発する企業「Boost Commerce」が主催するアジア圏でトップクラスのShopifyパートナーが集う「Da Nang Shopify Mastermind 2023」が開催されました。
日本からはWEBLIFE代表の山岡が参加し、2日間に渡って各国のEC市場や今後の展開に関するディスカッションをしました。

→豊富なEC構築実績を持つ、Shopify PlusパートナーBiNDecがご相談を承ります。

高い実績のあるShopify事業者が集結した2日間

今回のイベントには、ベトナム・インド・シンガポール・マレーシア・台湾・日本のShopify Plusパートナー企業の主要メンバーと、Shopifyのアジアでの展開の中心となるShopifyシンガポールのマネージャーが参加しています。
アジア各国のEC市場やShopify事業者の特徴についての意見交換、今年のECトレンドをテーマにしたワークショップなどが行われました。
イベントに招待された山岡(=写真中央)と、各国トップクラスのShopify Plusパートナー

本イベントの主催であるBoost Commerceは、ECサイトの商品を豊富なメニューでフィルタリングできる検索ソリューションを提供しているベトナムの企業で、現在14,000店舗以上の世界中のECサイトに導入されています。

山岡はこのイベントの中で、参加者が自国の課題や提案を共有するプレゼンに登壇し、「Shopify Plus with Japanese Market」と題して日本のEC市場の現状やShopify Plus拡大のための戦略などを話しました。

→豊富なEC構築実績を持つ、Shopify PlusパートナーBiNDecがご相談を承ります。

アジア圏でのShopifyの広がり

日本は年商規模の大きいECサイト対応実績が豊富なShopify Plusパートナーの数が多いことが、他のアジア諸国と異なる点として挙げられます。
アジアのShopify事業者の特徴として、アプリのディベロッパーとエージェンシーは別の企業であることが多くみられます。
WEBLIFEが独自アプリの開発から販売、ECの構築、運用保守まで一気通貫で行っていることでノウハウの蓄積を一つにまとめ、セキュリティ性や安定した構築・運用環境を強みにしていることには大きな関心と反響がありました。
また、16年以上のEC事業歴があり、Shopifyが日本へ普及し始める最初期から注目し、EC事業を展開してきたことにも驚かれました。

開催地であるベトナムではこのほかにも、ノーコードのページビルダーアプリであるPageflyや、別のECシステムからShopifyへのマイグレーションにおいてのデータ移行をサポートしてくれるLitextensionなど、世界的にシェアを伸ばしているShopify Appや関連サービスの開発会社があります。

WEBLIFEではShopify Appの一部をベトナムで開発

WEBLIFEでは、ベトナムの優秀なディベロッパーの多さや海外市場への対応力、ECに対する考察量の豊富さなどに着目し、ベトナムにおいて現地法人WEBLIFE CO., LTDを経営しています。

BiNDecが提供するShopify Appである「BiNDec App」の開発の一部をWEBLIFE CO., LTDが担っていることから、今後連携していける可能性についてディベロッパーの方々から関心を持っていただきました。
LiteExtension|Shopifyへのマイグレーションをサポートしてくれるサービス

→豊富なEC構築実績を持つ、Shopify PlusパートナーBiNDecがご相談を承ります。

アジア諸国が注目する日本の可能性

日本におけるEC市場の状態がわかるEC関連サービスの分析マップにおいて、Shopifyの競合SaaSやパッケージのプラットフォームの数が多いことは度々驚かれます。アジア諸国には同じ分野のサービスが密集することはあまりないそうです。
競合が多いということはそれだけ需要が多くあり、Shopifyの転換が見込める顧客が多いとも言えます。
ECのミカタ|EC業界相関図2022より
https://ecnomikata.com/diagram/2022
現在、Shopifyと同規模のサービスを利用しているマーチャントは数十万社以上あり、そのうち10%でもマイグレーションに成功すればかなり大規模な市場となりえます。
ある程度顧客の需要が落ち着いてきた国の参加者は、次の施策として日本のEC市場への進出を強く望んでいます。

WEBLIFE展望するアジアのパートナーとの連携

先日ご来社いただいたShopify本国メンバーや今回のアジアのShopifyパートナーからも、日本のEC市場における大きな可能性に期待を寄せられています。


WEBLIFEは今後も日本のEC市場の成長をリードしていくために、日本の商習慣に特化した独自のソリューションを展開していきます。
アプリ開発などのバックエンドの現場やサービスの拡張において、高水準の技術力を持ったアジア各国との連携は不可欠です。ディベロッパーとエージェンシーの両面で知見のあるWEBLIFEとして、さまざまな面で協力体制を組んでいきたいと考えています。

レポート後編では、ワークショップやディスカッション中に挙げられた、イベント参加メンバーが注目するShopifyの話題の機能やニュースについてご紹介します。

Shopify PlusパートナーによるEC構築サービスBiNDec

WEBLIFEでは、Shopifyを利用したECサイト構築から運用までサポートする「BiNDec」を提供しています。
豊富な導入実績とハイレベルな技術力・知識量を認められたShopify Plusパートナーとして、中小規模から大規模のストアに向けた最適な運用戦略の提案も可能です。
ShopifyでのEC構築や運用に関してお悩みの方は、気軽にお問合せください。
BiNDec(バインド・イーシー)|独自のShopify Appで国内市場のニーズをトータルサポート
BiNDecのオンライン相談に申込む

POINT

  • 日本におけるECのプラットフォームや事業者の数の多さは世界的にみても珍しい
  • ベトナムでは世界的に広くシェアを伸ばしているアプリが多数開発されている
  • アジア諸国のShopifyパートナーとの連携によって、大きなEC市場の開拓を見込める

12/4 MAツールの成功事例多数!ウェビナー申込受付中