なぜShopify Flowを活用すると売上が上がるのか?売上を増やす5つの活用術

ShopifyのエンタープライズプランShopify Plusでは通常のShopifyとは違い多くの追加APPが利用可能です。その中でも最も特徴的な機能の一つがShopify Flowです。Shopify Flowとはストアの様々なタスクの自動化を可能とするShopifyMAツールであり、全部で100種類近い自動化テンプレートを利用することができます。

そこでこの記事ではShopify Flowを活用してストアの売り上げを上昇させる「Shopify Flowで売り上げを上げる5つの活用術」についてご紹介させていただきます。

なぜShopify Flowを活用すると売上が上がるのか?売上を増やす5つの活用術

ストアの売上が上がり規模が大きくなることはストア運営者にとっては嬉しい悲鳴です。しかし、その反面でストアが成長するにつれて顧客管理や在庫管理など、日々の作業工数が膨れ上がりクリエイティブな作業まで手が回らなくなってしまっているといった悩みに頭を抱える運営者も多いのではないでしょうか?

Shopify PlusのMAツールであるShopify Flowを上手く活用することでそれらの悩みから一気に解放されます。面倒な管理作業は全て自動化し、さらには顧客ロイヤリティを高めるためのサービスの自動化を行うことで収益の最大化を測ることができます。

特に今回紹介する活用術は、以下のようなタスクを自動化しストアの収益を最大化させたい運営者におすすめです。

  • リピートユーザーへギフトカードや割引コードを自動で送信したい
  • リスクの高い不正注文を防止したい
  • 低評価レビューに速やかで適切な対処をしたい
  • 在庫状況を自動で通知して販売損失を事前に防止したい
  • 休眠顧客や既存顧客をストアにリピートさせたい

 

1.リピートユーザーへのギフトカードや割引コードを自動で送信する

新規顧客の獲得コストが上昇し続けるEコマース業界では、複数回ストアでの購入歴のあるユーザーをストアへリピートさせるためのマーケティング戦略は今や必要不可欠です。Shopify Flowではストアで2回目、3回目の注文をしたユーザーに対してギフトカードをメールで送信、または割引コードのテキスト送信を自動で行うワークフローを作成することができます。

また、ユーザーの購入履歴に基づいてパーソナライズされたテキスト送信の自動化も可能です。これはたとえば、カートに商品を入れたまま購入ボタンを押さずにストアを離れたユーザーへのリマインドメッセージを送信し、ストアへの呼び戻しを自動的に行うことも可能です。

2.リスクの高い不正注文を防止する

ストアの規模が大きくなればなるほど全ての注文を一つひとつ確認することは困難でしょう。特に不正注文への事前の対処はストアの損失を防ぐためには重要なことです。

Shopify Flowでは不正注文などのリスクの高い注文を自動的に検出するワークフローを作成することが可能です。たとえば、設定された商品個数の限界値を超えるような不正の可能性がある大量注文や過去に何度も返品をしたことのあるユーザーからの注文などを自動でメールで通知を受け取ることや注文を自動キャンセルするフローを作成できます。またキャンセルされた注文はユーザーに自動でキャンセルメールを送信することが可能です。また、不正の可能性のある注文を保留にして注文が完了する前に事前に通知させることもできます。

これにより知らないうちに不正注文が処理されてしまうことを未然に防ぎ、不正による損失を大幅に減らします。

3.低評価レビューに速やかで適切な対処をする

ストアが成長して売上が増えるとユーザーからのフィードバックやレビューは同じように増えていきます。しかし、ストアの規模が大きくなるほどそれらのレビューの追跡や管理は非常に困難になる可能性が高いでしょう。

たとえば、人はポジティブな意見よりもネガティブな意見をレビューに残すことの方が多いことが分かっています。Shopify Flowではそんなネガティブなレビュー(星が1つのレビューなど)に対してサポートチケットを自動作成することができます。また、ネガティブなレビューを受け取ったときのメールでの通知やそれを書き込んだユーザーにメールを送信するワークフローの作成が可能です。

これらのレビューはスプレッドシートにインポートしてその商品や傾向を追跡することで改善を測ることが可能です。

4.在庫状況を自動で通知して販売損失を事前に防止する

オンラインストア運営で最も恐るべきは在庫切れによるユーザーの商品購入の機会損失です。取り扱う商品やコレクションが拡大するにつれて目視での商品管理には限界があり、販売損失のリスクも高まるでしょう。

Shopify Flowでは製品の在庫が少なくなったときの通知や在庫数に基づいて商品ページをストアで非表示にするワークフローの自動化を行うことができます。

また、在庫数が少ない商品の卸業者への発注の自動化や在庫数に基づいて商品の検索結果の表示順位の自動入れ替えなどを行い在庫切れによる購入の機会損失を事前に防止することが可能です。

5.休眠顧客や既存顧客をストアにリピートさせる

新規顧客の獲得は既存顧客の維持よりも5倍のコストが掛かることが分かっています。これはつまり、既存顧客のリピートや休眠顧客の呼び戻すことがいかに収益を最大化させるための重要なことであるかがわかるでしょう。

Shopify Flowでは休眠顧客や既存顧客へのロイヤリティの提供のワークフローを作成することができます。たとえば購入歴のあるユーザーの誕生日にギフトカードを発行して休眠顧客のストアへのリピートを測ることや、特定の金額以上の購入をしたユーザーへ無料ギフトを自動で追加など顧客ロイヤリティの提供の自動化を行うことができます。また、初回購入より30日後にユーザーにクーポンコードを自動送信するフローの作成も可能です。

これらのロイヤリティの提供によりリピーターの獲得やUXの向上、商品を追加購入による売上向上を仕掛けることができるのです。

 タスクの自動化でストアの収益を最大化する

ストアが成長するにつれてストアの全てを目視でのチェックすることは難しく、その手間が販売効率の低下や既存顧客や販売した商品に問題があった場合のUXの低下を招きかねません。

Shopify Flowでタスクを自動化することで販売の機会損失を事前に防ぐだけでなく、ユーザーのロイヤリティを高めることで収益の最大化を測ることが可能となります。

今回ご紹介したShopify Flowの活用法を参考にしてこの機会にストアの売上を向上させましょう。

Shopify Plusパートナー認定の構築サービスBiNDec

株式会社ウェブライフでは、Shopifyを利用したECサイト構築から運用までフォローする法人向けSaaSの「BiNDec」を提供しています。Shopify Plusパートナーの認定業者として、最適な運用戦略の提案も可能です。また、Shopify単体で利用するよりも、BiNDecと連携することで、社内にWebの専門知識がない場合もノーコードでコンテンツマーケティングが可能です。

ShopifyでのEC構築や運用に関してお悩みの方は、気軽にお問合せください。
BiNDec|D2Cに特化した法人向けのSaaS型EC構築プラットフォーム
BiNDecの無料相談会に申込む

11/10 Shopify Plus-LINE活用セミナー申込受付中