ShopifyのデータをExcelやCSVファイルでインポート/エクスポートするアプリ「Excelify」

商品の在庫や顧客の情報などを除いても、オンラインショップを運用する上で管理する必要のあるデータは莫大な量になります。また、それらのデータを手動で管理るとなるとその作業時間もまた、莫大な時間を要します。

今回紹介する「Excelify」はストアのデータを一括でインポート/エクスポートができるShopifyアプリです。商品の在庫管理や顧客情報の管理はもちろん、ストアのリニューアルにあたってのデータ移行や運用で生じる商品登録、一括更新、バックアップなどストアのデータ管理においてさまざまな場面に役立ちます。 

【重要】Excelifyは2021年4月より名称を「Matrixify」に変更いたしました。名称変更の詳細についてはこちらの記事で紹介しています。なお、本記事内では旧名称のExcelifyとしてご紹介しています。

商品や顧客情報を一括でインポート/エクスポートできるアプリ「Exelify」

 

 

Excelifyは、商品情報や在庫状況、顧客情報、注文・支払い情報、またはメタフィールドなどのデータをCSVファイルやExcel、Google Spread sheetsなどのテンプレートでインポート/エクスポートすることができます。

またインポート/エクスポートされたデータはリピートオプションを使用して自動更新の日時指定が可能なためデータを更新する時間と手間も大きく短縮することができます。ファイル内のデータは一括、または更新したい項目だけを更新することができます。

またMagentoLightspeedWordPressBanggoodなどといった他のeコマースプラットフォームからのデータを一括で移行、複製することも可能です。

ストアの商品、顧客情報をインポート/エクスポートを行い管理する

たとえば、Excelifyでは主に以下のようなデータの管理を行うことができます。

  • 商品
  • コレクション
  • 顧客情報
  • 値引き・値下げ管理
  • 注文の下書き
  • 注文状況
  • 支払い情報
  • ストアページ
  • リダイレクト
  • 店舗情報
  • ブログ記事
  • ユーザーのアクティビティ

 

これらのデータの一括のインポート/エクスポートはもちろん、必要なデータのみだけを選択してエクスポートすることも可能です。インポート/エクスポートされたデータはリピートオプションを使用して一定の時間間隔での自動更新を行うことができます。自動更新はURL、FTP/SFTP、Dropbox、GoogleDrive、 Google Spread sheetsで利用可能です。また、全てのデータの更新はいつでも管理画面よりキャンセルすることができます。

インポート/エクスポートされたデータは進捗状況の確認や作業の完了の予定時刻などの確認が可能です。また、作業中のインポート/エクスポートはいつでもキャンセルすることが可能です。

ストアのデータを管理、更新、移行する

Excelifyは商品の在庫や顧客情報のデータ管理だけでなく、ストアのあらゆるデータの管理や移行も一つのアプリで制御することもできます。Exelifyでは以下のような管理、移行を行うことができます。

  • 以前使用していた他のeコマースプラットフォームからのデータを移行する
  • あらゆるデータソースをExcelまたはCVSファイルに適合した形式で変換してストアへ移行する
  • 再インポート不要で既存のストアのデータを個別のフィールドごとでアップデートする
  • 単一のExcelもしくはzipファイルでデータを他のストアへコピーする
  • データを他のマーケットプレイス(GoogleショッピングやAmazonなど)へエクスポートする
  • インポート/エクスポートの自動更新の日時指定ができる
  • ストア全体のバックアップする 

 

ExcelifyはShopifyの管理画面にあるどのようなフィールドであってもインポート/エクスポートを行え、またそのフィールドを個別または一括で更新することが可能です。さらにExcelifyではメタフィールドの管理も行うことができます。Shopifyのメタフィールドをエクスポートすることで新たなメタフィールドの作成や編集、または削除することが可能です。

商品の在庫や顧客情報をインポートしようとしたとき特別な文字コードで他の言語のCSVファイルを使用すると問題が発生することがあります。しかし、これはExcelファイルを使用することでデータを正しくインポートすることができます。

また、Excelifyでエクスポートされた全てのコンテンツは一つのエクスポートファイルに収められます。そのためストアデータを他のeコマースプラットフォームから移行させる場合は同じエクスポートファイルを使用してストアをコピーすることが可能です。

これらのデータはバックアップのためのエクスポートの自動更新を設定することでデータのバックアップやスナップショットを取ることができます。これらのバックアップは元のファイルをインポートすることで復元することが可能です。

Excelifyの料金プラン

Excelifyの料金プランは以下の4種類です。

  • FREE:無料/月
  • BASIC:$20/月
  • BIG:$50/月
  • ENTRPRISE:$200/月

 

価格ごとで管理できるデータ数が大きく異なりますので運用するストアに合わせて料金プランをお選びください。

【Exclifyの料金ごとのオプションを確認する】

ExcelifyのWEBサイト料金ページへ(日本語対応) 

Excelifyストアのあらゆるデータ管理を効率化する

ストアの内のデータを効率的に管理するためにはストアのデータをエクスポートしてExcelやGoogle Spread sheetsなどのツールを使用してのデータ管理が便利です。しかし、そのデータのインポート/エクスポートに時間が掛かってしまうことはある意味で非効率だと言えます。

  Excelifyを使用すれば、ストアのデータのインポート/エクスポートだけでなく、ストアのバックアップや他のeコマースとのデータ移行などのストアのさまざまな作業に費やす時間を大幅に節約することが可能です。

またExcelifyはFlagship LLCとのパートナーシップのもと、日本語でのサポートも行っているので安心してサポートを受けることもできます。

ストアのデータ管理を効率的にかつ安心して行いたいならば、是非 Shopifyアプリ「Excelify」のストア導入を検討してみてはいかがでしょうか?

Shopify Plusパートナー認定の構築サービスBiNDec

株式会社ウェブライフでは、Shopifyを利用したECサイト構築から運用までフォローする法人向けSaaSの「BiNDec」を提供しています。Shopify Plusパートナーの認定業者として、最適な運用戦略の提案も可能です。また、Shopify単体で利用するよりも、BiNDecと連携することで、社内にWebの専門知識がない場合もノーコードでコンテンツマーケティングが可能です。

ShopifyでのEC構築や運用に関してお悩みの方は、気軽にお問合せください。
BiNDec|D2Cに特化した法人向けのSaaS型EC構築プラットフォーム
BiNDecの無料相談会に申込む

11/10 Shopify Plus-LINE活用セミナー申込受付中