Shopifyの運用で活用したいおすすめの便利ツール5選!

高いカスタマイズ性や豊富なアプリが人気のShopifyですが、外部のツールを併用して活用することでさらなる利益向上をはかることができます。

特にShopifyで構築された競合サイトを参考や比較にしたり、サイト運営を円滑に行えるツールを活用することで他社サイトと大きく差をつける運用が可能になります。

そこでこの記事では、ShopifyのECサイト運用で活用したいおすすめの便利ツール5選をご紹介します。

→BiNDecの担当者がShopifyのEC構築・運用をプランニング。オンラインにてご相談を承ります。

Shopifyで構築されたサイトを検索する「Google検索コマンド」

Googleでは、Googleの検索窓にフィルターをかけることで検索結果に特定の条件を満たしたサイトだけ表示させる「検索コマンド」という機能が備わっています。

たとえば特定の商材を取り扱うShopifyで構築されたECサイトをまとめて検索したいという場合は「site:」のコマンドが便利です。

Googleの検索窓で「site:myshopify.com」のあとに検索したい商材のキーワードを入力して検索します。

「site:myshopify.com 子供服」で検索すると子供服を取り扱うShopifyで構築されたサイトが表示される

ただし、ドメイン名にmyshopify.comを含むShopifyのECサイトのみ検索されるため、全てのストアが表示されるわけではないことをご理解ください。

ECサイト運営では、競合サイトの構成や取り扱い商品をチェックすることは重要です。とくに同じShopifyで構築されたサイトを視察することは情報収集をする上では欠かせないでしょう。

ShopifyのECサイトのデータを隅々まで調べる「Koala Inspector」

Koala Inspectorを使用すればShopifyで構築されたサイトならばフロントエンドアプリ、テーマ、新着商品、ベストセラー商品、SNSリンク、月間アクセス数などのような本来ならば管理画面上で確認できる情報を閲覧することが可能です。

気になるECサイトがどのようなアプリで構築されているのか、月間でどのくらいのアクセスがあってどのような商品が売れているのかといった情報を覗き見することができるため、マーケティングツールとしてかなり便利な拡張機能です。

競合ECサイトの使用アプリやアクセス数など、市場調査ができる

個人的にはShopifyのECサイト運用で使用したいツールの中でもかなりおすすめです。こちらはGoogleの拡張機能に追加することで利用が可能となります。

Koala InspectorのChromeウェブストアのページはこちらからどうぞ。

→BiNDecの担当者がShopifyのEC構築・運用をプランニング。オンラインにてご相談を承ります。

Shopify Appとテーマを検出する「Shopify App/Theme Detector by fera.ai」

参考にしたいECサイトで使われているShopify Appやテーマがわかる

Fera.aiは、Shopifyで構築されたサイトのフロントエンドで使用されているShopify Appとテーマを検出することができるChromeの拡張機能です。

閲覧するShopifyストアで使用されているテーマやフロントエンドでどのShopify Appがいくつ使用されているかの検出ができます。検出可能なアプリは300種類あり、バックエンドのアプリでもフロントエンドでの互換性のあるアプリなら一部検出が可能です。

こちらの機能を利用するにはGoogle Chromeへインストールし機能を拡張することで利用が可能となります。

Shopify App/Theme Detector by fera.aiのChromeウェブストアのページはこちらからどうぞ。

Shopifyのテンプレート言語Liquidのリソース一覧「Shopify Cheat Sheet」

「Shopify Cheat Sheet」は、Shopifyによって作成されたテンプレート言語のLiquidでよく使うけど忘れてしまいがちな構文タグをまとめたチートシートです。

開発向けのツールですが、Shopify独自のプラグラミング言語のLiquidを使用してECサイトをカスタマイズする場合はこのチートシートさえあれば開発がよりスムーズに行うことができます。

Liquidで良く使われているコードがまとめられている

Shopify Cheat SheetのChromeのページはこちらからどうぞ。

→BiNDecの担当者がShopifyのEC構築・運用をプランニング。オンラインにてご相談を承ります。

他サイトの月間アクセス数や関連するキーワードを表示する「Keyword Surfer」

ブログ運営による集客も行なっているストアにとって、SEO対策はとても重要なことです。

「Keyword Surfer」はGoogle Chromeの拡張機能で検索結果に表示されるサイトの月間アクセス数を表示や、検索しているキーワードやそれに関連するキーワードの月間検索ボリュームが数値化されて表示されます。

検索結果からサイトのキーワードやアクセスボリュームを表示

キーワードと検索ボリュームはCVS出力することも可能なのでどのキーワードがSEOに効果的かリサーチするのに便利なツールです。

Keyword SurferをChromeのChromeウェブストアのページはこちらからどうぞ。

Shopifyの管理画面外からでもUXの向上は狙える

これらのツールが直接ECサイトの売上向上に繋がることはありませんが、競合サイトとの比較や参考、手動部分のSEO対策のような管理画面では対処できない面をカバーすることでストアアクセス数やUXの向上に大きく期待することができます。

ぜひ今回ご紹介したツールをShopifyのECサイト運営に取り入れて活用してみてください。

Shopify PlusパートナーによるEC構築サービスBiNDec

株式会社ウェブライフでは、Shopifyを利用したECサイト構築から運用までフォローする法人向けSaaSの「BiNDec」を提供しています。Shopify Plusパートナーの認定業者として、最適な運用戦略の提案も可能です。また、Shopify単体で利用するよりも、BiNDecと連携することで、社内にWebの専門知識がない場合もノーコードでコンテンツマーケティングが可能です。

ShopifyでのEC構築や運用に関してお悩みの方は、気軽にお問合せください。
BiNDec|D2Cに特化した法人向けのSaaS型EC構築プラットフォーム
BiNDecのオンライン相談会に申込む

11/10 Shopify Plus-LINE活用セミナー申込受付中