Shopify Plusとは?料金システムや機能について詳しく解説!

175カ国で展開する世界最大級のECサイト構築プラットフォームのShopifyですが、その最上位に位置するエンタープライズプラン「Shopify Plus(ショピファイプラス)」があります。

通常のShopifyの機能に加えて広範囲に渡る機能をカバーすることができるこのプランですが、実際にShopify Plusではどのようなことができて、どのようなECサイトを構築するのに向いていているのでしょうか?

そこで今回はShopify Plusの機能やプランの比較について詳しくご紹介しましょう。

→Shopify Plusの豊富な構築実績を持つBiNDecが無料でご相談を承ります。

Shopify Plusとは?

Shopify Plus|大規模なECサイトを構築できるShopifyのエンタープライズプラン

Shopify PlusはShopifyが提供する大規模事業者向けのプランです。通常のShopify以上に高いカスタマイズが可能なプラットフォームとなっています。

たとえば従来のShopifyの機能はそのままに、無制限に追加できるスタッフアカウントや1分間に1万決済以上の処理に耐えるインフラ環境、ユーザーの行動に基づいてのタスクの自動化、1つの契約で合計10サイトの運用が可能など、その他にも通常プランではカバーできないECビジネス課題も解決できる機能を多く有しています。

ShopifyとShopify Plusの料金システム

Shopifyの提供する通常プランでは、ベーシック(月額29ドル)、スタンダード(月額79ドル)、プレミアム(月額299ドル)が用意されていますが、それらの上位に当たるのがShopify Plusです。

Shopifyの通常プランとShopify Plusの料金システムの比較は以下の通りです。

Shopifyの各プランの料金・手数料一覧

Shopify Plusの月額利用プランは月額2,000ドル(契約は12ヶ月〜)と非常に高額プランです。なおShopify Plusの月額料金は、ECサイトの月の売上が80万ドルを超えると売上×0.25%の従量課金制となります。

料金面でのShopify Plusの恩恵としては決済手数料の低さにあります。規模の大きい取引や大量の商品取引をするストアでは少しの差でも営業利益に大きく影響します。またこれについては後ほど紹介しますが、Shopify Plusでは通常プランでは利用できない追加機能を多く搭載していることも大きな魅力でしょう。

→Shopify Plusの豊富な構築実績を持つBiNDecが無料でご相談を承ります。

Shopifyの通常プランの標準機能

Shopify|世界で注目されているECシステム構築プラットフォーム

Shopify Plusの追加機能の紹介の前に、Shopifyの全ての通常プランで利用可能な機能についておさらいしましょう。

本格的なECサイトの構築や立ち上げを目的とする中小規模のマーチャントであれば、Shopifyの通常プランでの運用がおすすめです。決済手数料が他のECカートと比べ低く、機能面でもECサイトの運用に必要な以下のような機能は通常プランより全て標準装備されています。

  • ストア分析
  • 商品、注文管理
  • ブログ機能
  • マルチチャネルプラットフォーム(Facebook、Instagramなどの販売チャネルとの連携)
  • Shopify APPストアの利用(4,000以上の拡張機能の追加インストール)
  • 越境ECへの対応
  • 100種類以上のカスタマイズ可能なテンプレート
  • Shopifyペイメント(取引手数料が無料)
  • Shopify POS(オフラインで販売情報を管理できる)

通常のShopifyプランの違いについてはこちらの記事で紹介していますので参考にしてみてください。

Shopify Plusのみで利用できる追加機能

Shopify Plusでのみ利用できる機能は多くあるため、「導入すると実際にはどのようなことが可能になるのか?」「自社のECサイトにShopify Plusの導入は本当に必要なのか?」といった疑問が多いでしょう。

構築事例が広く共有されていないShopify Plusですが、実際に導入しているのは以下のようなECサイトの構築が必要なマーチャントに多く利用されています。

  • 短時間で大量の商品取引が行われているECサイト
  • 卸売販売やBtoB用のストアが必要なECサイト
  • 複数店舗展開や大量の商品を取り扱う大規模開発の必要なECサイト
  • これらのストア構築のために必要な機能はShopify Plusに全て搭載されています。通常プランに搭載された機能でも小中規模のECストア運用ならば十分ですが、ストアの規模が拡大するにつれて必要となる以下のような拡張機能はShopify Plusでのみ利用が可能です。

    • 無制限のスタッフアカウント
    • チェックアウトページのカスタマイズ
    • Shopify Script Editor(条件付きのディスカウントの実装)
    • Shopify Plus優先サポート
    • Shopify Launchpad(スケジューリングツール)
    • 専用APIの呼び出しとAPIの高速化(マルチパスでのシングルサインオンなど)
    • Shopify Flow(タスクの自動化ツール)
    • 合計10サイトの追加ストア開設/運用
    • BtoBサイト・卸売サイトの開設
    • 複数通貨への対応
    • 20ヶ所の登録ロケーション数に対応
    • Transporter(既存ストアのデータ移行)
    • Googleタグマネージャーの利用

    ではShopify Plusの追加機能についてそれぞれ詳しく解説していきましょう。

    →Shopify Plusの豊富な構築実績を持つBiNDecが無料でご相談を承ります。

    無制限のスタッフアカウント

    Shopifyの通常プランではスタッフアカウントの数には制限があります。Shopify Plusではスタッフアカウント数を無制限に設けることができます。

    プランごとのスタッフアカウント数の一覧

    ECサイトの運営では規模の拡大に合わせてストアに関わるスタッフの数も多くなるでしょう。とくに規模の大きいECサイトを運用するためにはその分多くのスタッフが管理画面を操作する必要があります。

    Shopify Plusは大規模ECサイトを構築するマーチャント向けのプランなのでスタッフアカウントを無制限に設けられることは大きなメリットです。スタッフに与える権限も詳細に設定できるためスタッフの担う役割も明確化することができます。

    チェックアウトページのカスタマイズ

    Shopify Plusでは、checkout.liquidおよびcheckout.scss.liquidのリキッドファイルの編集ができるようになります。つまり、チェックアウトページの機能の追加や表示内容の変更のカスタマイズが可能となります。

    Shopify Plusにより実行可能となるチェックアウトの主なカスタマイズは以下の通りです。

    • 画面のレイアウトサイズ(画像や入力フォームのバリエーションの追加)
    • 配送先の国や地域によって表示や処理を変更(配送先の国によって配送が禁止されている商品をリストから削除など)
    • デフォルトで対応していない決済方式との統合(後払い決済など)
    • 配送情報の追加(日時指定や定期購入オプションなど)

    Shopify Script Editor

    Script Editor|複雑な条件での割引がECサイトに実装できるShopify App

    Shopify Plusでは、Script Editorという機能を使用しShopifyの通常プランでは実装できない複合条件付きでのディスカウントを実装することができます。

    たとえば「1つ購入したら1つ無料」「5,000円以上購入したら5%割引、10,000円以上購入したら10%割引」「初回購入時のみ500円割引」「サブスク会員は送料無料」など複数の条件を組み合わせたディスカウントやプロモーションを行うことができます。

    Script Editorを利用してスクリプトを作成すると「項目スクリプト」「配送スクリプト」「決済スクリプト」の3つのタイプのカスタマイズが可能となります。

    Shopify Plus優先サポート

    大量の商品や取引を取り扱うストアを既存のスタッフだけで運用していくにも限界があるでしょう。

    Shopify Plusでは、ECサイト構築や運用に関するサポートを優先的に受けることができます。運用するECサイトに最適な機能や売上向上のための事業アドバイスを専任の担当者より受けることができます。

    →Shopify Plusの豊富な構築実績を持つBiNDecが無料でご相談を承ります。

    Shopify Launchpad

    Launchpadでは、期間限定商品や新商品の公開予約が可能となります。

    Shopifyの通常プランでもブログ記事や通常商品の公開時間の設定を行うことはできますが、セールやイベントなど商品価格の変更は手動で行う必要があります。Launchpadではイベントの開始と終了に合わせて価格やサイトデザインの変更、バナーの切り替えを自動化する設定が可能です。

    専用APIの呼び出しとAPIの高速化

    Shopifyの通常プランではAPIが制限されていますが、Shopify PlusではAPIの制限が解除され、通常の5倍の容量と速度のスペックでの利用が可能となります。なお以下のAPIの呼び出しが可能です。

    • Discounts(ディスカウント・割引ロジックを設定しチェックアウト時に適用)
    • Gift cards(ギフトカードコードの作成・編集・管理)
    • Product Recommendations(ECサイトの商品ページにおすすめの商品などの表示)
    • Multipass/single sign-on and user(別サイトとShopify間でのシングルサインオン連携)

    一例として、たとえばMultipass/single sign-on and userでは、外部サイトにある顧客データをユーザーが同一のメールアドレスでログインすることでシームレスにShopifyへ顧客データを呼び出すことが可能になります。大量の顧客データを外部に保持しているマーチャントはこのAPIの呼び出しによる恩恵が大きいでしょう。

    Shopify Flow

    Shopify FlowというShopify Appを使って購買行動に基づくユーザーのタグ付けや在庫管理、国内外の注文の管理など、様々なタスクを自動化することができます。

    複雑な設定やコードの記入の必要はなく、顧客の購買行動に基づいてトリガー(きっかけ)、条件、アクションを設定するだけで自動化の作成が行えることが特徴です。

    Shopify Flowについてはこちらの記事で詳しく解説しているのでご覧ください。

    →Shopify Plusの豊富な構築実績を持つBiNDecが無料でご相談を承ります。

    合計10サイトの追加ECサイトを開設/運用

    Shopify Plusでは追加料金なしでShopify Plusと同様仕様のECサイトを最大合計で10サイトまで開設することができます。

    たとえば、既存のECサイトに加え、国内向けBtoBストア・卸売ストアやグローバル展開ようにそれぞれの地域に分けられたShopify Plus仕様のストアなど用途や地域に応じたECサイトを用意することができあます。

    BtoBサイト・卸売サイトの開設

    Shopifyの既存ECサイトに加えて開設するBtoB・卸売のECサイトではパスワードの掛かった会員制ECサイト仕様での作成が可能です。

    たとえば通常のECサイトで販売している商品をBtoBサイトではログインパスワードを必須としてパスワードを共有した卸売業者にのみ特別価格で商品を販売するといったケースに利用できます。また、業者ごとに最低注文数の設定や価格の調整も可能です。

    複数通貨への対応

    複数の国で商品を販売する場合、GEOIPを利用することでグローバルIPアドレスからユーザーの座標や国名、都市名を取得することが可能です。たとえば商品販売の際、海外ユーザーに対して四捨五入のルールの設定を行うことも可能です。

    Shopifyの通常プランでも複数通貨への対応が可能ですが、Shopify Plusだけ利用できるGEOIPによりさらに細かい指示や設定が可能となります。

    20ヶ所の登録ロケーション数に対応

    Shopify Plusでは、複数の倉庫拠点にある同一商品の出荷割当が最大20ヶ所まで対応が可能です。たとえば実店舗や出荷倉庫が複数あり商品の大量販売を行う企業の管理にはかなり便利でしょう。

    Transporter

    Transporter|既存のECサイトのデータを移行できるShopify App

    Transporterでは、既存のECサイトから顧客・商品・注文のレコードをShopifyのECサイトにインポートすることができます。また旧データをShopifyに適した形のCSVに変換することが可能です。

    移行の際の進行状況は画像で確認することができるためエラーも特定できる機能が搭載されています。

    Googleタグマネージャーの利用

    Googleタグマネージャーとは、Google AnalyticsやGoogle AdWords、そのほかのGoogle関連の計測ツールを一元管理できるシステムのことです。

    大規模ECサイト運営においてサイト流入などのアクセス解析や広告利用は必要不可欠となっていることもあり、ECストアにおけるGoogleタグマネージャーの利用は非常に重要となっています。

    ShopifyでのECサイト構築ならBiNDecにお任せ

    Shopify Plusは月額利用料金が2,000ドルと比較的高額なため、利用するマーチャントはかなり限定されるプランでしょう。しかし、ECビジネスの規模拡大を行う場合に新規でスタッフを一人雇うことを考えると、月額2,000ドルを支払ってShopify Plusの機能やサポートなどのリソースを手にするメリットは十分にあるのではないでしょうか?

    法人向けEC構築SaaSを提供する株式会社ウェブライフでは、ShopifyのECサイト構築や運用に関するご相談を受け付けています。「どのプランが自社サイトに適しているか?」「アプリを使用した場合、月額費用はどのくらいかかるのか?」などShopifyに関するご相談を無料で受け付けておりますので、まずはご気軽にお問い合わせください。

    BiNDec|D2Cに特化した法人向けのSaaS型EC構築プラットフォーム
    BiNDecにお問い合わせする

    11/10 Shopify Plus-LINE活用セミナー申込受付中