Shopifyでランディングページを作成できるおすすめのページビルダーアプリ3選

Shopifyでは、テーマを選定することでストアのトップページや商品ページのデザインテンプレートをノーコードでカスタマイズすることができます。

しかし、サブページにあたる各ページを追加する場合のフォーマットは、htmlやCSSのスキルがないとブランドのイメージ通りに仕上げるのは至難の業です。

そこでこの記事では、htmlやCSSの知識を必要とせず、ノーコードでランディングページをブランドイメージ通りに作成できるShopifyのページビルダーアプリ3選をご紹介します。

→Shopify Appの導入もサポート。BiNDecの担当者が無料でご相談を承ります。

Shopifyでおすすめのページビルダーアプリ3選!

ECサイト運営では、新商品の発表や期間限定キャンペーンのご案内など、ブランドイメージに合わせてサブページを更新していく必要があります。
Shopifyでは、これらのようなページを作る場合は初期のWordPressのブログページのような文字と画像と表を組み合わせて作るシンプルな操作、もしくはhtmlで作成する仕様となっています。

Shopify標準のページ作成画面

htmlやCSSの知識がある方であれば、この状態からでも十分にブランドイメージにあったページの作成ができますが、コーディングの知識が全くないとデザイン性のないページが出来上がってしまいます。

時間と予算に余裕があるのであればShopifyエキスパートに依頼するのが一番ですが、小規模ストアや個人が運用するストアの場合はそう簡単にはいきません。
そんなときにおすすめなのが、Shopifyのページビルダーアプリを利用する方法です。以下で紹介するアプリを利用すれば、初心者でもノーコードでデザイン性のあるページが作れます。

Shogun Landing Page Builder

Shogun Landing Page Builde|Shopify Appの中でも定番のページビルダーアプリ

Shopifyで定番のページビルダーアプリといえば「Shogun Landing Page Builder」、通称shogun(将軍)です。専門知識なしでShopify上のサブページ作成が簡単に行える最も有名なアプリです。shogunの機能には以下のような特徴があります。

  • コーディングなしでドラッグ&ドロップでページ作成
  • 既存のページをインポートして編集が可能
  • 端末ごとにデザインを自動で調整するレスポンシブ対応
  • コーディングも可能なので細かいカスタマイズも可能

ランディングページや商品ページ、コレクションページなどをHTMLやコーディングなしでドラッグ&ドロップで簡単にページデザインができます。

4つのタイプごとに用意されたテンプレート

スタンダード/ブログ/プロダクトページ/コレクションの4つのページタイプから豊富なテンプレートを選ぶことができるのでイメージにあったテンプレートを使用することができます。1からページを作成したくない場合でも既存のページを読み込んで編集することもできます。

ページの要素をアイコンから選んで編集

shogunでは、ページのデザインをシンプルな「セクション」や「カラム」、「スライダー」など様々な要素のブロックをタブのアイコンから直感的にページがデザインできるほか、実際にページが色々なデバイス上でどう見えるかを編集中にアイコン選択するだけで確認することができます。

プランは月額$39からでプランごとに作成できるページ数が異なります。またshogunは日本語非対応のShopifyアプリです。直感的なUIなので操作に慣れれば問題ありませんが、導入する場合は日本語でのサポートが受けられないことを視野に入れて検討しましょう。

→Shopify Appの導入もサポート。BiNDecの担当者が無料でご相談を承ります。

PageFly Landing Page Builder

PageFly Landing Page Builder|自由度が高く、日本語でも設定可能なShopifyアプリ

PageFly Landing Page Builder(以下PageFly)はShopifyでも代表的なページビルダアプリの一つです。PageFlyももちろんノーコードでページを作成することができます。PageFlyの機能には以下のような特徴があります。

  • コーディングなしでドラッグ&ドロップでページ作成
  • 端末ごとにデザインを自動で調整するレスポンシブ対応
  • Shopifyのデータの埋め込みが可能
  • 無料プラン
  • 日本語対応

PageFlyのページービルダーは自由度がかなり高く、専門知識のない方でもコーディングして作られたページのようなデザインに仕上げることができます。カラム数、画像やテキストの配置、スライドショーなどページ全体の設計はもちろん、フォントのサイズや種類の変更、各セクションとの間隔調整、デバイスごとのレスポンシブ対応やコンテンツの表示/非表示の選択など自由にできます。

豊富なページテンプレートを選べる

また70以上のページテンプレートが用意されており、ページの作成もドラッグ&ドロップで利用可能なので高い自由度と直感的なUIで専門知識のない方でも簡単にデザイン性の高いページに仕上げることができます。

PageFlyは日本語対応アプリなので他のページビルダーアプリとは違い日本語で設定が行える点や日本語でのサポートが受けられるメリットがあります。また無料プラン(1ページのみ作成可)もあるので初めてページビルダーアプリを利用する場合は一度PageFlyの無料版を試してみることがおすすめです。

→Shopify Appの導入もサポート。BiNDecの担当者が無料でご相談を承ります。

GemPages Powerful Page Builder

GemPages Powerful Page Builder|低コストでページを作成できる人気のShopify App

GemPages Powerful Page Builder(以下Gem Pages)は30000件以上の企業に導入されており、Shopifyアプリでも2000件以上のレビューで星4.9の高い評価得ているShopifyでも最大級のページビルダーアプリです。Gem Pagesの機能には以下のような特徴があります。

  • コーディングなしでドラッグ&ドロップでページ作成
  • ページデザインを既存のテンプレートから選択可能
  • 端末ごとにデザインを自動で調整するレスポンシブ対応
  • 全てのプランでページ数に上限がない

ページビルダーアプリではプランごとに作成できるページ数が異なることがほとんどですが、Gem Pagesは最も安価なプランでもページ数の上限がないため好きなだけページ作成を行うことができます。Shopifyの代表的なページビルダーアプリのShogunと比べると価格も安いのが魅力です。最安価プランの月額$15のスタンダードでも上限なくページの作成が可能です。

プランによって使えるテンプレートの種類が変わる

プランによって商品ページやランディングページのデザインなど利用可能なテンプレートが増えるため、ノーコードで既存のデザイン性の高いテンプレートを利用してページを作成したいという方はプロフェッショナル、3サイト以上でGem Pagesを利用したいという方はアドバンスを選ぶと良いでしょう。

機能面でもSEOにも最適化されているのでタイトルタグなどの設定が可能なことはもちろん、重くなりやすいと言われているノーコードのページビルダーでもGem Pagesはページ速度が高速という点でも評価が高いです。

専門知識がなくても簡単にプロのようなデザインのページに

Shopifyでテーマを本格的にカスタマイズしようと思うと、どうしてもLiquidやHTML/CSS、JavaScriptの知識が必要になってきます。今回ご紹介したアプリを使用すれば、コーディングやデザインの知識のない方でも簡単にプロが作ったようなデザインのページを作成することが可能です。

あなたのブランドや商品のイメージに合わせたページ作りのために、ぜひこの機会にページビルダーアプリの導入を検討してみたください。

Shopify Plusパートナーによる構築サービスBiNDec

株式会社ウェブライフでは、Shopifyを利用したECサイト構築から運用までフォローする法人向けSaaSの「BiNDec」を提供しています。Shopify Plusパートナーの認定業者として、最適な運用戦略の提案も可能です。また、Shopify単体で利用するよりも、BiNDecと連携することで、社内にWebの専門知識がない場合もノーコードでコンテンツマーケティングが可能です。

ShopifyでのEC構築や運用に関してお悩みの方は、気軽にお問合せください。
BiNDec|D2Cに特化した法人向けのSaaS型EC構築プラットフォーム
BiNDecの無料相談会に申込む

11/10 Shopify Plus-LINE活用セミナー申込受付中