Shopifyで困ったときに頼りたい、Shopify Plusパートナーの選び方

Shopify Plusは、ECサイトに役立つ機能が充実したプランです。Shopify PlusによるECサイト制作なら、実績や技術、知識量が認められているShopify Plusパートナーへの相談がおすすめです。
この記事では、Shopify Plusの詳細や、Shopify Plusパートナーの概要や役割、選び方などを紹介します。Shopify Plusのスムーズな導入に向け、お役立てください。

→Shopify Plusパートナーで実績多数のBiNDecがEC運用のご相談を承ります。

Shopify Plusと他のプランの比較

Shopify Plusとは、ShopifyでECサイトを制作する際に選べるプランのひとつです。Shopifyには複数のプランがあり、ライトプランではカートボタン機能のみ搭載されています。本格的にECサイトを制作・運営するなら、以下の4つのプランのいずれかを選択しましょう。

  • ベーシックプラン
  • スタンダードプラン
  • プレミアムプラン
  • Shopify Plus

Shopify Plusは、これら4つのプランのなかで最も機能が充実しています。
Shopify Plus|大規模EC向けの最上位プラン

Shopify Plusの料金

2022年11月時点において、Shopify Plusを含む4つのプランの月額利用料金は以下のとおりです。

  • ベーシックプラン:$25/月
  • スタンダードプラン:$69/月
  • プレミアムプラン:$299/月
  • Shopify Plus:$2,000/月

※参考:Shopifyの料金プラン – オンラインストアの設定と開設 – 無料体験 – Shopify 日本
※参考:Shopify Plusの価格

Shopify Plusは機能が豊富な分、利用料金が高額です。Shopify Plusの機能を理解し、自社のECサイト運営に必要であればプランを契約しましょう。
Shopify Plusの利用料金のシミュレーションは以下の記事も参考にしてみてください。
Shopify Plusの月額利用料とは?売上によって2,000ドル以上かかるのか?

→Shopify PlusパートナーのBiNDecがEC構築・運用のご相談を承ります。

Shopify Plus特有の5つの機能や特徴

Shopify Plusには、ほかのプランにはない特有の機能があります。

1.Shopify Flowによる複数ストアの管理

2022年11月時点で、Shopify Flowでは、メインストアと9の追加ストアの合計10ストアを管理できます。

Shopify Flowは運営するすべての店舗を一括管理し、受注・在庫・顧客管理を自動化します。また、10以上のストアを管理したい場合は、1ストア増えるごとに$250/月の追加料金がかかります。
※参考:Shopify Plusの価格

2.Launchpadによるイベントの時刻設定

Launchpadは、他のプランよりも各種イベントの時刻を細かく設定できます。イベントを自動的に実行できると、ECサイト運営の効率化に繋がるでしょう。時刻設定が可能なイベントの例は以下のとおりです。

  • 新商品の公開
  • 商品価格の更新
  • サイトデザインやバナー情報の更新
  • 在庫情報の更新
  • キャンペーン、セール時に対応した割引付与

3.登録できるスタッフアカウント数が無制限

Shopify Plusでは、スタッフアカウントの登録数が無制限です。一方、他のプランはアカウントの登録数に上限があります。例えば、2022年11月時点で、プレミアムプランで登録できるアカウント数は15です。

※参考:Shopifyの料金プラン – オンラインストアの設定と開設 – 無料体験 – Shopify 日本

4.チェックアウトページの機能充実

チェックアウトページとは、決済手段やお届け先などの個人情報を入力するページです。Shopify Plusではチェックアウトページをカスタマイズでき、独自フォームを用意できます。

「○個購入すると1個おまけします」「○個以上で○%OFF」など、特典や複雑な割引にもShopify Plusなら対応可能です。また、配送オプションもチェックアウトページで設定できます。

5.Wholesaleによる卸売用のECサイト制作

卸売用のECサイトは、BtoBを想定しています。Wholesaleを使うと、BtoCのECサイトで卸売にも対応できます。卸売用のECサイトでは、卸売価格・顧客ごとの割引率・月ごとの注文分のまとめ払いなどを設定可能です。

なお、一般的な卸売用のECサイトでは、BtoCのECサイトよりも販売価格が割安に設定されています。Shopify Plusの卸売用のECサイトは、パスワードを知っているユーザーのみ利用できます。そのため、大勢のユーザーに安価で購入されずに済みます。

→Shopify Plusパートナーで実績多数のBiNDecがEC運用のご相談を承ります。

Shopify Plusが向いているECサイト

Shopify Plusの契約はECサイトの売上を基に検討しましょう。卸売用のサイトの運営にもShopify Plusがおすすめです。

1.利用料金を回収できる見込みのあるECサイト

上述したように、Shopify Plusは機能が充実しています。ただし、Shopify Plusの利用料金は他のプランより割高です。そのため、取引数が多いなど、利用料金を回収できる見込みのあるECサイトには、Shopify Plusがおすすめです。
ミキハウス|Shopify Plusで構築されたECサイト。年商1億円以上を見込める大規模なECにはShoipy Plusがおすすめ。
https://www.mikihouse.co.jp/

2.卸売用のECサイト

Shopify Plus以外のプランでは、Shopifyで卸売用のサイトを作れません。なお、現在Shopifyの他のプランでサイトを運営している場合には、Shopify Plusにアップグレードすると、卸売用のサイトに向けた機能を利用できます。

Shopify Plusパートナーの概要

Shopify Plusパートナーは、Shopify公式の認定企業です。Shopify Plusパートナーは、Shopify Plusの制作・運営に役立つ情報を数多く把握しています。

Shopify Plusは高機能ですが、サイトの制作や使い方が今ひとつ分からない人もいるかもしれません。Shopify Plusパートナーに相談すると、ECサイトをスムーズに制作・運営できます。

Shopify Plusパートナーの役割

Shopify Plusパートナーには、目的に応じた自社サイト制作など複数の役割を果たします。Shopify Plusパートナーの役割を、以下にまとめました。

  • カスタムのWebサイト開発
  • 他のプラットフォームからの移行
  • マーケティング、ブランディング、進行中の戦略
  • UXとデザイン
  • システムとアプリの統合
  • エンタープライズリソースプランニング
  • デジタルマーケティングソリューション
  • ビジネスのプランニングとコンサルティング

引用:Shopify Plusパートナープログラム · Shopify ヘルプセンター

→Shopify Plusパートナーで実績多数のBiNDecがEC運用のご相談を承ります。

Shopify Plusパートナーの選び方

国内には複数のShopify Plusパートナーがあります。ここでは、Shopify Plusパートナーの選び方を解説します。

選び方1.サポートが充実しているか

サポートの内容が充実しているほど、ECサイトを円滑に制作・運営できます。ツールの使い方を教えてもらえるか、既存サイトの移行にも対応してもらえるか、アフターフォローを受けられるか、などを調べてShopify Plusパートナーを選びましょう。問合せたときのレスポンスの早さも、対応を比較するポイントです。

選び方2.得意分野がECサイトとマッチしているか

マーケティング戦略・ブランディング戦略・効率的な運営など、ECサイトで重視したい内容は企業ごとに異なります。

Shopify Plusパートナーには、それぞれの強みがあります。ECサイトの制作方針とマッチするパートナーを選びましょう。過去のECサイト構築実績を確認すると、各パートナーの得意分野が見えてきます。

選び方3.予算に合っているか

Shopify Plusパートナーと契約すると、Shopify Plusの利用料金に加え、コーチング・運用保守・カスタマーサポートなどの料金が発生します。予算内で、ECサイトの目的に応じた料金プランを選べるか確認しましょう。

Shopify Plusパートナーの株式会社ウェブライフ

株式会社ウェブライフでは、Shopifyを利用したECサイト構築から運用までサポートする「BiNDec」を提供しています。
豊富な導入実績とハイレベルな技術力・知識量を認められたShopify Plusパートナーとして、最適な運用戦略の提案も可能です。
ShopifyでのEC構築や運用に関してお悩みの方は、気軽にお問合せください。
BiNDecのオンライン相談会に申込む