Shopifyとスマレジの会員情報の一元化におすすめアプリ「Omni Hub」

コロナ禍での外出自粛が続く中、オンライン上で商品を購入する消費者行動が一般的となりましたが、コロナ終息後に小売業界が直面するのは実店舗とECサイトの融合による生き残り合戦でしょう。
とくに今後のマーケティング施策にはECと実店舗のどちらも利用するお客様の情報を把握し、お客様ごとにカスタマイズされた情報を提供することが重要です。早い段階でのオンライン/オフラインのオムニチャネル化は必須と言えるでしょう。

そんなコロナ禍を背景に、株式会社フィードフォース(以下フィードフォース)より提供が開始されたアプリ「Omni Hub」は、EC構築システムのShopifyとクラウドPOSレジサービスのスマレジ間のチャネルを横断した会員の購買履歴が一元化され、CRMを容易に実現できます。

→Shopify Appの導入もサポート。BiNDecの担当者が無料でご相談を承ります。

なぜECと実店舗の情報を一元化するのに「Omni Hub」がおすすめなのか?

Omni Hub|株式会社フィードフォースのShopify–スマレジ間の会員連携アプリ
コロナ禍で急速に一般化が進んだオンラインショッピング。いつでもスマホから商品を購入できる便利さから、これまで実店舗で購入していた商品をECサイトで購入するようになったという方も多いのではないでしょうか?このオンライン上での購買行動はコロナ後も多くの人が利用し続けるでしょう。

一方で実店舗には、これまでの商品を購入するという目的ではなく、商品を手にとって試したい、スタッフと商品について話したいなど、店舗でしか得られない情報を求めて来訪するお客様も増えることが予想されます。

つまり、かつては実店舗での買い物で満足していた消費者ですが、コロナ後はオンラインでの体験が消費者の実店舗での行動を、実店舗での体験がオンラインでの行動を左右するようになり、コロナ後にECと実店舗での一貫したオムニチャネル体験を提供できないブランドはライバルに後れをとることになります。

「Omni Hub」では、Shopifyの会員情報をスマレジの会員情報として追加することができるためECと実店舗の会員情報を連携し、お客様に一貫したショッピング体験を提供することが可能となります。
会員情報を連携することでシームレスな顧客管理が可能

→Shopify Appの導入もサポート。BiNDecの担当者が無料でご相談を承ります。

ECと実店舗、オムニチャネル化のハードルは高い?

コロナ後の消費者の購買行動の変化に対して生き残りの鍵となるのがECと実店舗をうまく連動させ複数の接点を通じて顧客とより深い関係を築く「オムニチャネル化」です。
すでにオムニチャネル化に成功した事例も大手企業を中心に広まっています。

たとえば生活雑貨・インテリアメーカーの無印良品では実店舗での会員登録を促し、お客様に合わせたご案内を実現するシステムを導入。このシステムは店頭レジで10人中3人が提示する会員システムとなり国内にとどまらず、中国や台湾、韓国など海外へも拡大しています。
アパレルメーカーのユニクロではアプリから店舗への送客率を上げるためにアプリの会員証を提示することで店舗にて使えるクーポンを発行や購入履歴が残るシステムを導入。またオンラインからの購入でも送料が無料となる店舗受け取りを可能とし、オンラインにしか在庫がないという状況でもお客様のメリットとなるサービスを提供しています。

しかし、これらの事例にみる会員情報の一元化はECとPOSシステムの間でのデータ連携が必須です。データ連携にはカスタマイズや工数によって費用が大きくなり、中小企業ではとてもとても取り入れることができることのできないシステムで大手企業だけが実施できる施策だという認識が今までの常識でした。

しかし、これまで導入が難しかったECとPOSシステム間でのデータ連携をフィードフォースの提供するアプリ「Omni Hub」ならば、オンライン/オフラインでの会員情報の連携を費用を大幅に抑えての導入が可能です。

→Shopify Appの導入もサポート。BiNDecの担当者が無料でご相談を承ります。

フィードフォースの提供するオムニチャネル化アプリ「Omni Hub」とは?

「Omni Hub」は、Shopify、スマレジ間での会員情報、売上情報の一元化を初期費用0円、月額費用が約21,000円〜と安価で提供するShopifyアプリです。
会員登録したお客様の実店舗とECでの購買履歴や購入金額を全てShopifyのダッシュボードや顧客管理、また会員のマイページ上で把握することができます。
実店舗とECの購買データを一元管理
さらにハードルの高いスマレジ上での会員登録も、Omni Hubでは実店舗でShopifyへの会員登録(通常のECサイトへの会員登録)で簡単に会員証を発行をすることができます。会員登録を済ませたお客様はオンラインストア上で会員バーコードを表示し、実店舗で会員バーコードを読み取るだけです。
会員バーコードを利用して実店舗での購入データを取得
お客様のオンライン/オフラインの売上をShopify上で一元的に把握することで顧客一人ひとりに合わせたマーケティング施策の実現ができます。たとえば、これまでEC上では難しかったお客様が実店舗で購入した商品を把握し、オンラインでの商品の定期購買を促すなど異なるチャネルでの購買履歴を連携した誘導も可能です。

異なるチャネルでのお客様の購買履歴を把握することでお客様の購買頻度、金額、回数を分析し効果的なロイヤリティプログラムを実現させる、購買プロセスを分析し、新規顧客獲得へのマーケティングへ活用することもできます。

オムニチャネル化のために進化し続ける「Omni Hub」

「Omni Hub」では、Shopifyの人気ロイアリティプログラムアプリ「LoyaltyLion」を併用することで、 ECと実店舗間でポイント(リワード)プログラムを共通化することができます。
さらに今後は顧客の購買行動分析機能やオムニチャネルで共通のクーポン管理機能、実店舗での接客で利用可能なEC購買状況連携機能、在庫や商品など全ての売上の一元管理機能などを追加する予定です。
ぜひこの機会に手頃な価格でオムニチャネルによるシームレスな体験を当たり前とする「Omni Hub」の導入を検討してみてはいかがでしょうか?

「Omni Hub」のShopifyアプリストアはこちらからどうぞ。

Shopify Plusパートナーによる構築サービスBiNDec

株式会社ウェブライフでは、Shopifyを利用したECサイト構築から運用までフォローする法人向けSaaSの「BiNDec」を提供しています。Shopify Plusパートナーの認定業者として、最適な運用戦略の提案も可能です。また、Shopify単体で利用するよりも、BiNDecと連携することで、社内にWebの専門知識がない場合もノーコードでコンテンツマーケティングが可能です。

ShopifyでのEC構築や運用に関してお悩みの方は、気軽にお問合せください。
BiNDec|D2Cに特化した法人向けのSaaS型EC構築プラットフォーム
BiNDecの無料相談会に申込む

11/10 Shopify Plus-LINE活用セミナー申込受付中