Shopify公式のメールマーケティング【Shopifyメール】がついにリリース!

メルマガなどのメールマーケティングは従来からありますがオンランストアにおいては今でも重要なマーケティングツールです。

顧客に対し直接アプローチをすることが可能なメールマーケティングは、顧客との繋がりやUX向上に必要なライフラインです。

そんなメールマーケティングを第三者のアプリを使わず利用できる新機能Shopifyメール(Shopify Email)がShopify公式でリリースされました。

Shopifyメール】は101日まで無料で利用可能に 

世界的なCOVID-19の大流行による先行きの不透明な中、Shopifyは顧客との直接的なコミュニーケーションツールとしてShopifyメールを当初の予定より早くリリースしました。

さらにこの Shopifyメールは2020年101日までの期間限定で、無料で利用することができます。

Shopifyメールは管理画面の「マーケティング」の中に標準で組み込まれ、メールの作成から配信後の分析までスムーズに行うことができます。特に初回の設定はいらないので気軽に開始することができます。

Shopifyメール画面

メールマーケティングにもデザインや見せ方は重要で開封後のアクションに影響します。メールのテンプレートが数種類フリーで準備されているので初心者でも安心です。

Shopifyメール管理画面テンプレートの時点でテーマに合わせたトンマナになっているので、商品の選定や、文字やボタンの調整、画像を好みに合わせて設定するだけで、誰でも簡単にメールが作成できます。

Shopifyメールがあなたのストアにもたらす3つのメリット

 さてShopifyメールの特長的なメリットをまとめていきましょう。

《伝えたいユーザに伝えたい時に届けられる》

Shopifyメールは新商品の紹介や特別なキャンペーン、割引情報などをストア側の任意のタイミングで配信が可能です。

配信する相手も新規購入者、未購入者、リピーターなどのセグメントが選べるほか、「顧客管理」と連動してきりたいセグメントを作成するこが可能です。

Shopifyメール管理画面

《ストアのブランドロイヤリティの構築》

Shopify Emailにはストアのブランドロイヤリティを構築する要素が含まれています。

まず、Shopify Emailでは自社ドメインを使ったメール配信のためブランドイメージを損なうことなく利用することができます。

さらに実際の顧客が目にするのと同じ画面をプレビューできるので、ブランドのイメージを崩さないブランドロイヤルティが構築されたメール配信が可能です。

《メールのキャンペーン効果やパフォーマンスの分析が可能》

ShopifyメールはShopify管理画面で一元管理が可能なため、開封率や配信キャンペーンの販売状況など、効果検証がダッシュボードで簡単にできます。

効果検証が容易にできるので、メールやキャンペーン内容の改善、テストマーケティングなどの新しい試みがしやすくなります。

今後も続々とShopifyメールの追加機能がアップデート予定!

Shopifyメールは今後、よりShopifyでのビジネスを効率的に運営するための新機能を続々と追加する予定です。

直近のアナウンスによると、「メールの送信スケジュール機能」や「新たなテンプレート」、さらに「20を超える言語の追加」が予定されています。

料金は2020年101日までは無料で利用可能、それ以降は最初の2500通までは無料、その後は1000通ごとに1ドルという良心的な価格設定となっています。

Shopify標準機能で簡単に操作ができるので、無料で試せるこの機会にぜひ体験してみてはいかがでしょうか?

Shopify Plusパートナー認定の構築サービスBiNDec

株式会社ウェブライフでは、Shopifyを利用したECサイト構築から運用までフォローする法人向けSaaSの「BiNDec」を提供しています。Shopify Plusパートナーの認定業者として、最適な運用戦略の提案も可能です。また、Shopify単体で利用するよりも、BiNDecと連携することで、社内にWebの専門知識がない場合もノーコードでコンテンツマーケティングが可能です。

ShopifyでのEC構築や運用に関してお悩みの方は、気軽にお問合せください。
BiNDec|D2Cに特化した法人向けのSaaS型EC構築プラットフォーム
BiNDecの無料相談会に申込む

11/10 Shopify Plus-LINE活用セミナー申込受付中