YouTubeとShopifyが連携して期待出来ること×ECプラットフォームとしての将来性

オンライン消費加速の波に乗り勢いが増すShopify。そんなShopifyが先日、Googleと提携し世界最大の動画配信サービスのYouTube上で商品を購入できるようにするための統合テストをしているとの情報が飛び込んできました。

そこで今回は、私たちがYouTubeとShopifyが連携して期待が出来ることについて考察してみました。

→BiNDecの担当者がShopifyのEC構築・運用をプランニング。オンラインにてご相談を承ります。

YouTubeでShopifyの商品が直接購入できる?ECプラットフォームとしてのYouTubeの将来性

まず将来的にYouTubeがECプラットフォーム化し商品を直販できるようになることで私たち販売者が得られるメリットとしては以下のようなことが考えられます。

  • 直接消費者にブランディングしてマネタイズできる
  • 入り口が広がり集客がスムーズになる
  • 広告コストを大幅に抑えて収益を多様化する

現段階でGoogleとShopifyは共同でYouTubeから直接商品を購入できるようにするための統合テストを行なっているとのことですが、つまりYouTubeの視聴者は動画を観ながらその場でショッピングを楽しめるという時代がすぐそこまで来ているということです。実現すれば消費者にとってもかなり便利かつ濃密な購入体験となることでしょう。

またこのような個人が商品を直販できるPtoC (person to costomer)マーケティングのビジネスモデルで成功を収める人が増えることが予測され、個人がECビジネスで簡単に収益を上げられるようになることに期待ができます。

→BiNDecの担当者がShopifyのEC構築・運用をプランニング。オンラインにてご相談を承ります。

直接消費者にブランディングしてマネタイズできる

以前までのECサイトでは媒体を通してサイトへ送客する形が主流でしたが、これからのECサイト運営では個々のECサイトが販売チャネルを介していかにブランドや商品の魅力を伝えることが成功のカギとなります。

これまでもYouTuberやインスタグラマーのような影響力のあるインフルエンサーに商品を紹介してもらうインフルエンサーマーケティングがありました。
確かにインフルエンサーマーケティングはブランドや商品の認知度の向上にはかなり期待できますし、オンラインで買い物をする人のほとんどがレビューなどを参考にして商品を購入しているため影響力のある個人の紹介は信憑性があると感じる人も多いでしょう。

しかし、その一方でインフルエンサーが単に提供された商品を着たり使ったりするだけでは商品の魅力は表面上でしか伝わりません。今回の試みでは個別の動画で商品を紹介するよりも、YouTube自体をショッピングプラットフォーム化させる狙いがあると予測できます。

個人が商品を直販できるPtoCマーケティングでは販売者が自らブランドの魅力や背景を伝えるので伝わる深度と頻度がまるで違うと言えます。さらに認知度向上だけで終わらず、マネタイズまでが一つの線でつながっているので利益化するまでマネジメントのしやすさがポイントです。

また個人が運営するような小規模なストアでも、YouTubeチャンネルを介してブランドの背景や商品へのこだわりを伝えることで定期的に商品を購入してくれるファン顧客へのアプローチを簡単に行えます。

入り口が広がり集客や認知がスムーズになる

YouTubeでの直販が実現すると、Shopifyで展開されているカート型のECサイトでは今まで頑張って自社サイトに誘導して商品を売っていた部分が楽になる可能性が高いでしょう。
YouTubeのアクティブユーザー数は現時点で20億人を超えており、無料の動画配信サービスでは世界一のプラットフォームです。利用者の多いプラットフォームと連携することで商品が目に留まる機会が多くなり、集客がスムーズになります。

またこれまでのようにインフルエンサーを起用して商品を宣伝してもらうことも手ですが、これからのオンラインマーケティングでは自らがインフルエンサーになって商品の魅力を語ることも一つの手でしょう。

ShopifyとYouTubeが連携すればこれを実現するハードルが一気に下がります。企業が考えたセリフを他者に言ってもらうのではなく、自らが商品の魅力を語る”自己レビュー”がPtoCでのブランドマーケティングでは効果を強く発揮しそうです。

今回の連携ではYouTube内で決済までされる予定です。消費者が購入をためらうポイントでもある他サイトへの誘導がなく商品紹介から直接購入まで全てYouTube内で完結するためスムーズな購入体験がコンバージョン向上にも期待できます。

→BiNDecの担当者がShopifyのEC構築・運用をプランニング。オンラインにてご相談を承ります。

広告コストを大幅に抑えて収益を多様化する

これまでのECサイトでは、広告媒体を介してサイトへ促すマーケテイング方法でしたが、YouTubeのチャンネルは無料で設立できるため広告コストがほとんど掛かりません。

他にもShopifyではInstagramやTikTokなど販売チャネルの連携拡大に力を入れているため、商品の販売や宣伝の場を低コストで展開できます。このShopifyの展開には国内ECでは太刀打ちできないレベルだと言えるでしょう。

さらにYouTubeの本来の収益モデルは広告収益であるため、販売利益にプラスした収益の獲得にも期待ができます。メインポジションを広告媒体からYouTubeの販売チャネルにすることで、広告コストの削減に加えて収益の多様化を実現することができるのです。

2021年はShopifyがPtoCの一大ムーブメントを加速させる予感

ShopifyとYouTubeの連携はまだテスト段階とはいえ今回の連携の背景には、GoogleがFacebookやTikTokなどと比べて世の中のEC化の波に乗れていないことが挙げられているようです。

直近のShopifyの動向としてはTikTokとの連携という発表も行われましたね。この動きを見ると個人が商品を直販するPtoCの一大ムーブメントをShopifyが加速させているように感じます。

これらのことから2021年のECビジネスは動画をうまく使いこなせる販売者が成功することを示唆していると言えます。あなたも今のうちからYouTubeのチャンネルを開設して動画を利用したマーケティングに備えてみてはいかがでしょうか?

Shopify PlusパートナーによるEC構築サービスBiNDec

株式会社ウェブライフでは、Shopifyを利用したECサイト構築から運用までフォローする法人向けSaaSの「BiNDec」を提供しています。Shopify Plusパートナーの認定業者として、最適な運用戦略の提案も可能です。また、Shopify単体で利用するよりも、BiNDecと連携することで、社内にWebの専門知識がない場合もノーコードでコンテンツマーケティングが可能です。

ShopifyでのEC構築や運用に関してお悩みの方は、気軽にお問合せください。
BiNDec|D2Cに特化した法人向けのSaaS型EC構築プラットフォーム
BiNDecのオンライン相談会に申込む

11/10 Shopify Plus-LINE活用セミナー申込受付中