Shopifyプランの徹底比較&選び方!あなたにおすすめのShopifyプランは?

ShopifyでECサイトを構築する場合、有料のプランに申し込んで利用を開始する必要があります。しかし、Shopifyのプランは複数あるため最初にどのプランを選択すれば良いのか迷ってしまうという方も多いでしょう。

では、Shopifyプランによっての違いや自分のストアに最適なプランを選ぶためには一体何を基準にして選べばよいのでしょうか?そこで今回はShopifyのプラン選びで何を基準にするべきかについて詳しくご紹介したいと思います。

→BiNDecの担当者がShopifyの構築・運用をプランニング。オンラインにてご相談を承ります。

Shopifyの代表的な3つのプランとは?

Shopifyの主要なプランには、「ベーシック」「スタンダード」「プレミアム」の3つがあります。上記の3つ以外にもカートボタンのみが提供される「Shopify Lite」や、エンタープライズ向けである「Shopify Plus」の2つのプランがありますが、今回はShopifyでECサイトを構築する際の比較検討がされやすい代表的な3つのプランより比較していこうと思います。

すべてのプランで利用が可能なShopifyの機能

ECストアに必要な機能の完備

Shopifyでは、ECサイトやブログ機能を含むストア構築、SNSなどの販売チャネルの追加、133の通貨で販売、ギフトカードなど、ECサイト運営に欠かせない基本機能はすべての主要プランで利用可能です。
とくに他のECプラットフォームでは商品の登録数に制限があるものが多いですが、Shopifyは商品登録数が無制限なため将来的にストアの規模を拡大していきたいマーチャントには大変有益であると言えます。

Shopifyペイメントが利用可能

Shopifyでは、どのプランでも「Shopifyペイメント」というShopify独自の決済サービスを使うことができます。Shopifyペイメントを有効にすることで取引手数料が無料になるため販売にかかる費用を抑えることができます。
またShopifyペイメントは、導入時の審査が不要、Shopifyの管理画面と連携により支払いがリアルタイムで確認できる、ユーザーの決済段階での手間を大幅に削減できるなどの大きなメリットがあります。

4,000種類以上のアプリを使える

ECサイトのプランをアップグレードすると様々な追加機能の利用が可能になります。しかし、中には運用するECサイトに必要のない機能もあり、その分費用がかさむことを懸念する方もいるでしょう。
Shopifyには、必要な機能のみをアプリ(有料アプリを含む)で追加することができるため無理にグレードの高いプランを選ぶ必要はありません。Shopify アプリストアにある4,000種類以上のアプリによりECサイトを自由にカスタマイズすることができます。

→BiNDecの担当者がShopifyの構築・運用をプランニング。オンラインにてご相談を承ります。

Shopifyの各主要プランの違いとは?

Shopifyは全てのプランで基本的なECサイトの機能を使えるため、売上の規模や目的、必要な追加機能にあわせてプランを選定すると良いでしょう。

Shopifyの主要プランの主な違いは次のようになっています。

Shopifyのプランごとの機能比較表
*1 Shopifyペイメントを利用した場合の手数料
*2 ギフトカード機能は、以前はスタンダード以降のプランで利用可能でしたが現在はすべてのプランで利用が可能です。
*3 在庫・行動・顧客レポートなど詳細さや販売・収益レポートの有無
*4 プロフェッショナルレポートに加え独自のカスタマイズレポートが作成可能
*5 通常配送の送料では送れない場合(例:離島への配送や冷凍便など)に自動で送料を計算してくれるサービス

ECサイトは手数料でプランを選んではいけない!

ECストアの売上が上がってくるとよく、決済手数料がネックとなると言われています。そういった理由でプランを手数料で選ぶ人がいますが、手数料でプランを選んでしまうとかえって損をする可能性もあります。

たとえばShopifyでは、以下のようにプランのグレードが高くなるごとに決済手数料が安くなっています。

プランごとのクレジットカード手数料

では単純に月々の売上に対しての手数料だけでプランを選ぶとすると、どのくらいの売上がプラン選定の目安になってくるのでしょうか?

Shopifyプランのベーシックプランとスタンダードプランを手数料だけで比較すると以下のようになります。

ベーシックプラン・スタンダートプランの月商ごとの手数料差額※為替は109円(2021年3月時点)で計算、手数料はビザ・マスターカードで決済された場合で算出しています

ベーシックプランとスタンダードプランの月額利用料の差額が5,450円なので月商500万円までのストアではベーシックプランの方がお得です。しかし、これは同時に月商500万円を売り上げてもベーシックプランとスタンダードプランでは5,000円しか差がつかないということです。

では、スタンダードプランとプレミアムプランではどうでしょうか?先ほどのようにスタンダードプランとプレミアムプランを手数料だけで比較すると以下のようになります。

スタンダートプラン・プレミアムプランの月商ごとの手数料差額※為替は109円(2021年3月時点)で計算、手数料はビザ・マスターカードで決済された場合で算出しています

スタンダードプランとプレミアムプランの月額利用料の差額が23,980円なので月商4,800万円までのストアではスタンダードプランの方がお得です。ネットショップでは月商1,000万円に到達すると成功店の仲間入りと言われていますから月商4,800万円ともなれば24,000円の差額より機能面での充実性や拡張性の方が重要でしょう。

このことから手数料で判断しても各プランでの差はほとんどなく、むしろ売上によっては損をしてしまうケースもあることがわかります。

→BiNDecの担当者がShopifyの構築・運用をプランニング。オンラインにてご相談を承ります。

あなたにはどのプランが適してる?Shopifyプランの選び方

ではShopifyのプランを選ぶ際はどんなことに注視して選択するとよいのでしょうか?そこで次は各プランごとにどのようなマーチャントにおすすめのプランなのか解説していきましょう。

ベーシックプラン($29/月)

これからShopifyでECサイトを運用していこうと考えている方はベーシックプランがおすすめです。ShopifyのECサイト構築が可能となる一番安価なプランで費用を抑えてECサイトに挑戦したいという初心者におすすめのプランです。

月額は29ドルで、Shopifyの基本的な機能は一通り揃っています。サイト構築や販売機能、レポート機能やSEO対策も可能でマーケティングに必要な情報もこのプランで入手できます。また管理アカウントもオーナーアカウント+スタッフアカウント2名まで設定可能で個人から少人数での管理ができます。

他のECプラットフォームに無料でECサイトを構築できるサービスもありますが、機能が限定されているので長く利用するほど物足りなさを感じるでしょう。その点では、Shopifyのベーシックプランは最初から本格的なECサイトを構築することができます。

スタンダードプラン($79/月)

スタンダードプランは月額79ドルで利用可能です。スタンダードプランからはプロフェッショナルレポート機能が使用できるため、リピーターや国別ユーザー、時間帯別のユーザーの動向など細かなデータ分析が可能です。

またアカウント管理者数が5人までに増えるため、複数人による役割分担をしての運用が可能になります。ロケーション(発送地)の登録数も5箇所まで行えるので既に実店舗を持ち、ECサイトでの事業拡大を目指したい中小企業におすすめのプランです。

プレミアムプラン($299/月)

プレミアムプランは、Shopifyの主要プランの中で月額299ドルと最も高額です。カスタムレポートビルダーによりネット広告からの経路データの収集やマーケティング戦略分析など高度なデータ分析が可能となることや、チェックアウト時に外部アプリにより自動計算された送料を表示させる機能などカスタマイズを前提としたプランです。

プレミアムプランにはさらに、海外の購入者向けに為替レートの手動での設定、国別ドメインの取得、標準で最大5カ国語の設定が可能になるなど、ECビジネスを海外向けにも展開することが可能です。

収益実績があり、既にECサイトでの運用実績もあって、大規模に展開したい中小企業から大企業までにおすすめのプランです。

全てのプランの詳しい違いについてはShopify公式のプラン早見表にてご確認ください。

全てのプランが14日間の無料トライアルで試せる

他のサービスであればECストア開設には初期費用がかかります。しかし、Shopifyは全てのプランが初期費用不要なだけでなく14日間の無料トライアル期間が付いています。

あなたがもしも、どのプランを選ぼうかと検討しているのであればまずは無料トライアルで試してみてからでも遅くはないでしょう。

この機会にぜひ無料トライアルであなたの運用するECサイトに合ったプランを探してみてはいかがでしょうか?

Shopify Plusパートナーによる構築サービスBiNDec

株式会社ウェブライフでは、Shopifyを利用したECサイト構築から運用までフォローする法人向けSaaSの「BiNDec」を提供しています。Shopify Plusパートナーの認定業者として、最適な運用戦略の提案も可能です。また、Shopify単体で利用するよりも、BiNDecと連携することで、社内にWebの専門知識がない場合もノーコードでコンテンツマーケティングが可能です。

ShopifyでのEC構築や運用に関してお悩みの方は、気軽にお問合せください。
BiNDec|D2Cに特化した法人向けのSaaS型EC構築プラットフォーム
BiNDecのオンライン相談会に申込む

11/10 Shopify Plus-LINE活用セミナー申込受付中