ShopifyとBASEを料金比較!オンラインストアを開設するならどっちがお得?

ECサイトを立ち上げたいと思っていても、実際どのサービスを利用すれば良いのかと迷っている方も多いのではないでしょうか?中でも特に、「ShopifyとBASEってどう違うの?」というご相談をいただく機会が多いです。

そこでこの記事では、Shopifyを利用する場合とBASEを利用する場合の料金や手数料の違いを徹底比較させていただきます。

→BiNDecの担当者がShopifyのEC構築・運用をプランニング。オンラインにてご相談を承ります。

Shopify(ショッピファイ)とは?

Shopifyは2004年にカナダで創業された世界シェアNo,1の越境ECプラットフォームです。世界175カ国100万以上のオンラインストアがShopifyで運営されており、日本国内でもグローバル展開を目的としているマーチャントに非常に人気です。

Shopifyは導入コストも安く、デザイン性、カスタマイズ性の高さでも人気を博している今なお成長し続ける世界的にもメジャーなECプラットフォームであり、ストアの規模をどんどん拡大していきたい方にオススメのサービスです。

Shopify|世界で注目されているECシステム構築プラットフォーム

BASE(ベイス)とは?

BASEは累計ストア開設数120万サイトの日本国内シェアNo,1のECサイト作成サービスです。BASEは日本のサイトだからこその安心と開設したその日から商品管理や決済、発送、お金の管理まであらゆるサポートに対応してくれます。

ストア開設の専門知識の全くない方でも簡単にストアを作成できるため特に初心者の方に向いています。また月額固定費がかからないので規模の小さいストアにオススメのサービスです。

BASE|初期費用、月額費用が無料で簡単にショップが作成できる

→BiNDecの担当者がShopifyのEC構築・運用をプランニング。オンラインにてご相談を承ります。

ShopifyとBASEの初期費用・料金・手数料の比較

オンラインストアの立ち上げを検討する上で最初に気になるのがサービスごとに掛かる運用コストですよね。特にストアを立ち上げて間もない期間は売上の面がどうしても不安定になるためランニングコストを抑えたいという方も多いのではないでしょうか?

ではShopifyとBASEではどちらの方がランニングコストを抑えることができるのでしょうか?先ずはそれぞれの初期費用、月額料金を確認してみましょう。

 
Shopify BASE
初期費用
無料 無料
月額固定費
$29〜 無料

初期費用はどちらのサービスでも無料です。Shopifyは、月額固定費が一番安いプランで29ドルかかります。
これを見ると初期費用・月額固定費が無料のBASEの方がコスト面での心配がないように感じますが、次に紹介する手数料を考慮したときにShopifyの方がBASEよりお得となるケースがあります。

 
Shopify BASE
販売手数料
無料 3%
決済手数料
3.4% *1 3.6%+¥40 *2
振込手数料
無料 ¥250~750 *3

*1 Shopifyペイメントを利用した場合

*2 BASEかんたん決済を利用した場合

*3 2万円未満は750円、2万円以上は250円

月額固定費だけ見るとShopifyよりBASEの方がお得に見えますが、ECサイトを運営していく上でかかる販売手数料などのコスト面ではShopifyの方が俄然安く収まります。

→BiNDecの担当者がShopifyのEC構築・運用をプランニング。オンラインにてご相談を承ります。

月間売上をもとにランニングコストをシミュレーション

では、実際に運用したときにコスト面ではどのくらい差があるか?月間売上が10万円と20万円のケースにおけるShopifyとBASEの運用シミュレーションをしてみました。

月間売上額が10万円のケース

 
Shopify BASE
月額固定費
¥3,027($29) ¥0
販売手数料
¥0 ¥3,000
決済手数料
¥3,400 ¥3,600+¥400
振込手数料
¥0 ¥250
発生コスト
¥6,427 ¥7,250
利益
¥93,573 ¥92,750

※$1=¥104(2020年12月時点のレート)で計算。客単価は10000円で算出。

ストアの売上が10万円の場合、発生コストはShopifyとBASEであまり差はないためサービス面で使いやすい方を選んで良いでしょう。では20万円の売上が見込めるストアではどうでしょうか?

月間売上額が20万円のケース

 
Shopify BASE
月額固定費
¥3,027($29) ¥0
販売手数料
¥0 ¥6,000
決済手数料
¥6,800 ¥7,200+¥800
振込手数料
¥0 ¥250
発生コスト
¥9,827 ¥14,250
利益
¥190,173 ¥185,750

※$1=¥104(2020年12月時点のレート)で計算。客単価は10000円で算出。

このシミュレーションを見てわかる通り、月に10万円以下の売上ではあまりコスト面での差はありませんでしたが、20万円以上売り上げが見込めるECサイトではShopifyの方が圧倒的にコストを抑えることができます。

つまりShopifyとBASEで悩んでいるのならばストアの見込み売上をベースにどちらのサービスを利用するか選ぶと良いでしょう。具体的には月間売上7万円以上を見込めるECサイトであればBASEよりもShopifyの方がコスト面では安くなります。

さらにShopifyはアプリや拡張機能が充実しているのでECサイトのカスタマイズ性が高い点や、越境ECということもあり海外との取引にも強いサービスであるため将来的にECサイトを拡張したり海外展開したいというようなECビジネスを本格的に運営したいという方にオススメです。

またBASEの場合、日本のサービスということもあってサポートが万全であるため、ECの知識が全くない方やとりあえずECサイトを作成したいのでランニングコストを抑えたいという方はBASEでストアを作成すると良いでしょう。

Shopifyも日本のマーチャント向けに機能が向上している

Shopifyは日本のサービスではないので扱いが難しいイメージを持っている方も多いでしょう。確かにサポートが日本語に対応していない点やアプリも英語のものが多いため初心者には少し扱いづらい点もあるでしょう。

しかし最近では日本語のアプリも増えてきたり、PayPayや楽天ペイとの提携で日本のマーチャント向けに機能を向上させてきているサービスでもあります。

ぜひ今回ご紹介したShopifyとBASEの料金比較をストア開設の参考にしてみてくださいね。

Shopify PlusパートナーによるEC構築サービスBiNDec

株式会社ウェブライフでは、Shopifyを利用したECサイト構築から運用までフォローする法人向けSaaSの「BiNDec」を提供しています。Shopify Plusパートナーの認定業者として、最適な運用戦略の提案も可能です。また、Shopify単体で利用するよりも、BiNDecと連携することで、社内にWebの専門知識がない場合もノーコードでコンテンツマーケティングが可能です。

ShopifyでのEC構築や運用に関してお悩みの方は、気軽にお問合せください。
BiNDec|D2Cに特化した法人向けのSaaS型EC構築プラットフォーム
BiNDecのオンライン相談会に申込む

11/10 Shopify Plus-LINE活用セミナー申込受付中